Browsed by
作者別: theind

効能がよく分からないからちょっと怖いっていうのがある

効能がよく分からないからちょっと怖いっていうのがある

性にちょっと疎い私でもやはり大きさというものに一度は興味を持ったことがあります。

ちょっとした雑誌で見た正しい長さの測り方を試してみたりと、冷静になってみれば恥ずかしいなということがありますが、やはりそこは男としての見栄があるものです。

平均的な長さとわかると並大抵で居たくない!と思うのが興味であると思います。と言って、よく見る増大させるサプリメントなんて物をよく見ますが、ちょっと危ない薬ではないかと思ってしまうのが未体験者の感想です。

あまりにも効きすぎて体に負担がかかるんじゃないか、合わないと体に支障をきたすのではないだろうか、そういう恐れが頭の中をぐるぐる回っています。

思い切って試そうと言う気持ちにもなりにくいです、性に関することですから直接人に聞くのが恥ずかしいし、ネットでのレビューは本当にそうなのか?と疑うような物ばかりでなかなか決心がつきません。

もう少し詳しくあれば手を出せそうなんですが、ジョーク商品がある中でのそういう物ですから、手を引っ込めてしまいます。

短小ねって彼女から直に言われた

短小ねって彼女から直に言われた

別に大きければ大きいほどいいってものではありません。要は、女性をいかせてあげればいいのです。けど、あんまり小さいと、それも難しんですよね。それこそ、手マンの方が、女性にとってよくなるケースさえあります。

彼女は、凄く優しいから、演技をしていったふりをしてくれます。可愛いですよね。

けど、先日、正直に自分のアレを短小だねって言いました。正直、ショックでした。フェラチオをする前に、手でしごいてくれて、その後のタイミングでの発言でした。気にしていないふりをして、そうかもねと受け流しましたが、正直ショックでした。セックスで一番大事なのは、愛だと思っています。

けれど、体の相性や男性のテクニックもすごく大事です。自分は、テクニック的には、全く問題ないと思うのですが、アレが短小というのが、ちょっと難点なんですよね。特に、奥が感じる女性だと届かないから、いかせられないんですよね。まあ、そういう女性の時は、手マンで激し目にピストン攻撃をしてあげますけどね。

遅漏が原因でエッチが疲れる

遅漏が原因でエッチが疲れる

よく、男性の早漏の悩みを聞くことがありますが、私からすれば早漏ってうらやましいんです。なぜかというと、私は極度な遅漏でなかなかいかないことで悩んでいるからです。あまりに遅漏だと男の方は疲れてしまいますし、女性も疲れてしまいます。

しかも私は昔から短小が悩みでおとなになってからはそれに加えて遅漏もコンプレックスになったんです。”小さくて、遅い”これが私を最近悩ませています。

かつては、エッチの最中に寝てしまったという大失態もおこしており、自分の遅漏っぷりに正直辟易しています。もっとも早漏がうらやましいと思う瞬間はやはり風俗の時でしょう。風俗は気持ちよくなっていってナンボですから、遅漏にはとても不利なんです。

私の友人なんかは早漏のため早くフィニッシュが来るのですが、風俗嬢によっては同じ料金なのに2回戦をお願いできるらしく、2度おいしい思いをしています。私は風俗に行ってもフィニッシュまでいかずに帰宅、なんてこともしばしばあります。なので、その場合は1週間以上溜めてから挑まないとなりません。

遅漏歴も年季が入った最近ではエッチの最中にいろいろ想像しながら挑むことで若干改善はしています。ただ、やはり早漏の人はうらやましいですね。

思春期の悩みがそのまま継続中

思春期の悩みがそのまま継続中

子供の頃はあまり気にならなかったアソコについて、思春期になるとやはり気になり出した私。

ただ直接聞くわけにもいかずネットや雑誌の広告を見て、ひたすら知識だけが集まる頭デッカチな状態となって悩み続けることになりました。その悩みとは短小と包茎でした。温泉に行ったときに他の人のアソコと自分のものが違っているような気がする、そう思い出してからは疑心暗鬼の日々が続きました。ネットで調べた増大法や包茎を改善する方法はすべてドライしてみました。引っ張ったり、テープで固定したり。

でもなかなか正常な皮の状態にならず、思春期の私は精神的にも追い込まれるようなプレッシャーを感じたことを覚えています。ただ繰り返しトレーニングすることである程度の包茎が改善されたように感じ、またその頃女性との初体験を済ましてからは自信が持てるようになりました。

女性との夜はかなりの緊張感がありましたが、それを乗り越えることで自分も気持ちの上で変わることができたと思います。

10代の包茎・短小ネタについて

10代の包茎・短小ネタについて

中学生や高校生くらいになると男同士でする話題の一つとしては自分の陰茎の話になることが多く、猥談の中ではかなりの頻度で包茎や短小の話題になります。

包茎については自分は剥けているとか、あいつは剥けていないとか単純に包茎であるかどうかに焦点がいく傾向にあり、まだ剥けていない人は無理やりにでも剥くように促されることが多いです。

また包茎は内部にゴミが溜まりやすい特徴があることから不潔に思われたり、差別的に扱われることもしばしばあり、本当に包茎である人はあまり話題に乗ってこない傾向にありますので、話題に乗らなかった人は後日、陰で包茎扱いにされることも珍しくありません。

短小については、日本人の平均値を引き合いに出し、平均以上・平均以下を競うことが多く、外国人の陰茎の大きさなどの特徴などにも話題が飛び、度々差別的な発言にまで及ぶことがあります。

また必ずと言っていいほど、日本人の陰茎の特徴は長さではなく固さであるという結論に至る傾向があります。

通常の状態で短いので困っています

通常の状態で短いので困っています

普段が短小なので悩んでいます。
勃ってしまえばそれなりの大きさにはなります。なのでそのあとは特に気にならないのです。が、通常の状態だといささか小さいので困っています。なので、勃たせた状態で本番に挑まなければ、挑む前から負けた気分になってしまいます。

とはいえ、早くしないとヤバイ!という心理的状態で行くとかえって緊張してしまい、うまくいかないこともあります。相手に内心笑われているのではないかと心配で心配でたまりません。普段の大きさを大きくする方法はないものかと試行錯誤しています。

例えば、自家発電の時間をなるべく長くする、という工夫を行っています。これもいわば筋肉みたいなものです。なので、短時間でさくっと終わらせるよりも、じっくりと付き合ったほうが育つのではないかと思い、取り組んでいます。医学的な根拠を以ってやっているわけではないので、確実というわけではありません。

が、工夫をしている、大丈夫だ、というプラシーボ効果にも期待しています。

ネガティブな心理になってしまう

ネガティブな心理になってしまう

20代の後半に差し掛かろうとしていますが、短小&包茎のままです。自分としてはそのうちに改善されるだろうと、淡い期待を持っていたのですが、最近ではもう無理かもしれないと諦めつつあります。包茎とは言っても、その時になれば剥けますし、洗浄も入念に行っているため、何か問題が発生するなんてことは無いとは思うのでが・・。

肉体的な問題は無いものの、私の場合どうしても精神的に傷ついてしまうんです。特に、心にグサッとくるのが、交際中の彼女と喧嘩をした際の包茎イジリです。

まあ、相手も頭に血が上っていて、しかもイライラするタイミングともあらば、いたし方のないことだとは思うのですが、こちらとしては収まりがつきません。だって、自分ではどうすることもできないコンプレックスであり、それを口が滑ったとはいえ、発言するのはいかがなものなのでしょうか。皆さんは、交際中の彼女に包茎の事をいじられたりしませんか?あるとしたら、その際にはどのように対処しているんでしょうか。

こんなことはとてもじゃありませんが、友達や両親には相談できないため、本当に困っています。

絶対に知られてはいけないこと

絶対に知られてはいけないこと

幼いころには包茎であることが当たり前で、大人になっていくにつれて包茎は解消されていくか、少し残っていたりしても支障がないことがほとんどです。

しかし、青年期になるとかならずといっていいほど、大きさや包茎などに多かれ少なかれ悩むのも仕方のないことです。

インターネットや雑誌などの広告がそのコンプレックスに輪をかける可能性が高く、手術などの手段が必要と感じてしまうことも少なくないでしょう。少しのコストでその大きなコンプレックスが解消されるならば、手術があながち悪いことと言えないと思いますが、その際には絶対に秘密にして手術をする必要だけはあります。

あまり恰好の好い手術とは言えないので自分から喧伝する人はいないでしょうが、親しい友人などにはついついうっかりしゃべってしまうこともないではないでしょう。せっかくコンプレックスの解消の為の手術であってもそれが他人に知られてしまってはコンプレックスの解消にはなりません。