絶対に知られてはいけないこと

絶対に知られてはいけないこと

幼いころには包茎であることが当たり前で、大人になっていくにつれて包茎は解消されていくか、少し残っていたりしても支障がないことがほとんどです。

しかし、青年期になるとかならずといっていいほど、大きさや包茎などに多かれ少なかれ悩むのも仕方のないことです。

インターネットや雑誌などの広告がそのコンプレックスに輪をかける可能性が高く、手術などの手段が必要と感じてしまうことも少なくないでしょう。少しのコストでその大きなコンプレックスが解消されるならば、手術があながち悪いことと言えないと思いますが、その際には絶対に秘密にして手術をする必要だけはあります。

あまり恰好の好い手術とは言えないので自分から喧伝する人はいないでしょうが、親しい友人などにはついついうっかりしゃべってしまうこともないではないでしょう。せっかくコンプレックスの解消の為の手術であってもそれが他人に知られてしまってはコンプレックスの解消にはなりません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です